世界のデザイン美術館

日本のデザインを集大成し、その魅力と意義を伝え、未来の創造を確かなものにする「国立デザイン美術館」。ここでは、その先行事例として世界のデザイン美術館やデザイン・コレクションが充実しているミュージアムを紹介します。

ロンドン・デザイン・ミュージアム
The Design Museum

イギリス・ロンドン

充実したコレクション展でデザインの現在を知る

2016年11月、ロンドン東部のテムズ河畔から西部のハイストリート・ケンジントンに移転オープンしたロンドン・デザイン・ミュージアム。20世紀以降のデザインや建築を扱う博物館として設立されたものです。
もとのデザイン・ミュージアムは1989年にイギリスのインテリア・デザイナー、テレンス・コンランによって創設されました。彼は1981年にコンラン財団を設立、ヴィクトリア&アルバート・ミュージアムの地下でデザインの展覧会を企画していました。「ボイラーハウス・プロジェクト」と呼ばれたこの活動は1986年まで続き、1989年にデザイン・ミュージアムに移ってからはデザインの収集・展示、若手デザイナーを対象とした「アーティスト・イン・レジデンス」の実施、出版活動などを行ってきました。
新しく移転オープンしたデザイン・ミュージアムは1962年に建設され、10年以上放置されてきた「コモンウェルス・インスティテュート」という建物をリノベーションしたものです。リノベーションを担当したのはミニマルなデザインで知られる建築家・デザイナー、ジョン・ポーソン。うねるような特徴的な屋根の形はそのままに内部を改修。ジョン・ポーソンらしいシンプルなデザインで、移転前に比べて展示スペースを3倍に増やしました。
新しいデザイン・ミュージアムでは、移転オープンにあわせて無料で入場できる「デザイナー・メーカー・ユーザー」という常設展が開設されました。20世紀以降のプロダクト約1000点を3つのエリアに分けて展示しています。たとえば「デザイナー」のエリアではリチャード・ロジャースが設計した「ポンピドゥー・センター」の部材の原寸模型が展示され、スケールを実感できます。「メーカー」のエリアではトーネットの曲げ木の椅子からロボットアームまでが展示され、「ユーザー」ではiPhoneなどがどのようにコミュニケーションの形を変えてきたかを見せてくれます。
有料の企画展も年に数回、予定されています。オープニング企画として「Fear and Love」という展覧会が2017年4月23日まで開催中です。建築家のOMA、ファッションデザイナーのフセイン・チャラヤンらが世界のさまざまな問題をどう捉えているか、多彩なインスタレーションが展示されています。
旧デザイン・ミュージアム時代に行われていた「デザイナー・イン・レジデンス」のプログラムも引き続き、実施されています。ショップやカフェも広くなってより充実したミュージアムになりました。
移転した「デザイン・ミュージアム」の外観。膜のようにうねる屋根が特徴的。

photo: Gravity Road

移転した「デザイン・ミュージアム」の外観。膜のようにうねる屋根が特徴的。

内部の吹き抜けから常設展「デザイナー・メーカー・ユーザー」展示エリアを見る。

photo: Luke Hayes

内部の吹き抜けから常設展「デザイナー・メーカー・ユーザー」展示エリアを見る。

常設展「デザイナー・メーカー・ユーザー」展、「デザイナー」エリアの展示。「スプーンから都市まで」とはイタリアの建築家、エルネスト・ロジャースの言葉。

photo: Luke Hayes

常設展「デザイナー・メーカー・ユーザー」展、「デザイナー」エリアの展示。「スプーンから都市まで」とはイタリアの建築家、エルネスト・ロジャースの言葉。

常設展「デザイナー・メーカー・ユーザー」展、イームズがデザインした添え木と機関銃AK47を並べて展示。戦争に関するデザインを比較する。

photo: Luke Hayes

常設展「デザイナー・メーカー・ユーザー」展、イームズがデザインした添え木と機関銃AK47を並べて展示。戦争に関するデザインを比較する。

常設展「デザイナー・メーカー・ユーザー」展、ヴェスパが展示されたコーナー。

photo: Luke Hayes

常設展「デザイナー・メーカー・ユーザー」展、ヴェスパが展示されたコーナー。

2017年4月23日まで開催中の特別展「Fear and Love」、OMAの展示風景。イギリスのEU離脱を受けて、EUに加盟している28ヶ国の家具で構成したリビングルーム。

photo: Luke Hayes

2017年4月23日まで開催中の特別展「Fear and Love」、OMAの展示風景。イギリスのEU離脱を受けて、EUに加盟している28ヶ国の家具で構成したリビングルーム。

http://designmuseum.org
The Design Museum
224-238 Kensington High Street London, W8 6AG., U.K.
Tel. +44 20 3862 5937
10時〜17時45分 無休
入場無料 企画展は別途定める