世界のデザイン美術館

日本のデザインを集大成し、その魅力と意義を伝え、未来の創造を確かなものにする「国立デザイン美術館」。ここでは、その先行事例として世界のデザイン美術館やデザイン・コレクションが充実しているミュージアムを紹介します。

バウハウス
Bauhaus

ドイツ

百周年の節目に新出発する近代デザインの祖

バウハウスが創立されたのは1919年のこと。この学校が活動していたのはわずか14年間、ヴァイマール、デッサウ、ベルリンと拠点を変え、戦禍に追われて1933年に閉校してしまいます。しかしあいまいな「美」の概念を数値化して科学的なデザインの概念を提唱した合理性と機能主義は近代デザインの源流と目され、今も大きな影響を及ぼしています。教授陣もヴァルター・グロピウスやミース・ファン・デル・ローエら校長やヨハネス・イッテン、カンディンスキー、ラズロ・モホリ・ナジなど豪華なものでした。

現在、3つの拠点にはそれぞれミュージアムがあり、資料が展示されています。中でもデッサウは短いバウハウスの歴史の中でももっとも充実した時期を迎えた場所でした。現在、デッサウにはワルター・グロピウスが設計した校舎とスタジオ(学生寮)が残っています。ガラスのファサードを鉄骨で支える透明な建物はモダニズムの先駆的存在です。教授の住まいとして使われたマイスター・ハウスは戦争で破壊されましたが、戦後になって再建されました。白い箱を組み合わせたデザインはこちらもル・コルビュジエらに大きな影響を与えています。スタジオは改修されてホテルになり、実際に宿泊することができます。バウハウスが最も重視した建築を身体で感じられる、建築ミュージアムでもあるのです。

ベルリンでは「バウハウス・アルヒーフ」としてグロピウスが設計した建物に資料が展示されています。バウハウス創立の地、ヴァイマールでも「バウハウス博物館」で資料を見ることができます。

バウハウスは2019年には創立100周年の節目を迎えます。それを記念して3つの拠点ではそれぞれ、新しい展示施設が生まれる予定です。デッサウでは2019年に「バウハウス・ミュージアム・デッサウ」が完成します。コンペで選ばれた設計者はスペインのゴンザレス・ヒンズ・ザバラ。ガラスでできた透明な箱の中に、資料を守る黒い箱が入っているという構成です。1階は外との連続性を感じられる作りになっていて、朝はカフェで、夜は映画やコンサートで街の人が楽しむ、文化のハブとして機能することをめざしています。

ベルリンでも今年から新しい美術館の工事が始まります。設計はベルリンのスターブ・アルヒテクテン。5階建ての建物はきゃしゃでデリケートなデザインです。こちらは2022年に完成予定。もとの建物は収蔵庫となりますが、新美術館内部からもその姿が見えて、歴史を継承する場になります。

ヴァイマールの新美術館はベルリンのハイケ・ハナダが設計しました。磨りガラスの外壁が内外を柔らかく仕切るミニマルなデザインです。こちらは2015年から工事が行われていて、2019年に開館する予定です。

いずれの展示施設でもバウハウスの遺産だけでなく、現代のデザイナーやアーティストの作品を見せる予定です。バウハウスの理念がどのように受け継がれ、発展しているのか、また未来にむかってどのような提案をしていくのかをともに考えていく場になることでしょう。
ヴァルター・グロピウスが設計したバウハウス・デッサウ校舎。鉄骨に支えられた透明な建物。ユネスコ世界遺産にも登録されている。

ヴァルター・グロピウスが設計したバウハウス・デッサウ校舎。鉄骨に支えられた透明な建物。ユネスコ世界遺産にも登録されている。

グロピウス設計のデッサウのマイスター・ハウス(教授の家)。内部も見学できる。

photo: Yvonne Tenschert, 2011, Stiftung Bauhaus Dessau

グロピウス設計のデッサウのマイスター・ハウス(教授の家)。内部も見学できる。

デッサウのバウハウス校舎のスタジオ外観。バウハウスの写真作品にもよく登場する。

photo: Yvonne Tenschert, 2009, Stiftung Bauhaus Dessau

デッサウのバウハウス校舎のスタジオ外観。バウハウスの写真作品にもよく登場する。

当時のスタジオで作業するジークフリード・ギーセンシュラーク。日時不明(1926〜1930年)

©Stiftung Bauhaus Dessau

当時のスタジオで作業するジークフリード・ギーセンシュラーク。
日時不明(1926〜1930年)

ホテルに改修された現在のスタジオ内部。バウハウスで学ぶ気分が味わえる。

photo: Yvonne Tenschert, 2013, Stiftung Bauhaus Dessau

ホテルに改修された現在のスタジオ内部。バウハウスで学ぶ気分が味わえる。

ベルリンの「バウハウス・アルヒーフ」もグロピウスの設計。これまでここで展示が行われていたが、新美術館の建設に伴い閉館となった。

©Bauhaus-Archiv Photo Werner-Huthmacher

ベルリンの「バウハウス・アルヒーフ」もグロピウスの設計。これまでここで展示が行われていたが、新美術館の建設に伴い閉館となった。

ベルリン、バウハウス・アルヒーフのコレクションからマルセル・ブロイヤーの子供用椅子。1924年。

Bauhaus Archiv Berlin Photo Fotostudio-Bartsch

ベルリン、バウハウス・アルヒーフのコレクションからマルセル・ブロイヤーの子供用椅子。1924年。

ベルリン、バウハウス・アルヒーフのコレクション、水谷武彦の彫刻。1927年。バウハウスには日本から他に山脇巌・道子夫妻が留学、帰国後は日本でデザイン教育に携わった。

Bauhaus Archiv Berlin Photo Fotostudio-Bartsch

ベルリン、バウハウス・アルヒーフのコレクション、水谷武彦の彫刻。1927年。バウハウスには日本から他に山脇巌・道子夫妻が留学、帰国後は日本でデザイン教育に携わった。

ベルリン、バウハウス・アルヒーフのコレクション、ハジョ・ローズの写真作品「棒高跳び」。背景はデッサウのバウハウス校舎のスタジオ。1930年。

©Bild Kunst

ベルリン、バウハウス・アルヒーフのコレクション、ハジョ・ローズの写真作品「棒高跳び」。背景はデッサウのバウハウス校舎のスタジオ。1930年。

2022年に完成予定のベルリンの新美術館のイメージ。ロビーからもとの建物が見える。

©Staab Architekten

2022年に完成予定のベルリンの新美術館のイメージ。ロビーからもとの建物が見える。

ベルリンの新美術館、外観イメージ。透明性の高い建築はバウハウスの理念を継承するもの。

©Staab Architekten

ベルリンの新美術館、外観イメージ。透明性の高い建築はバウハウスの理念を継承するもの。

デッサウの新美術館イメージ。公園の緑の中に黒い箱が浮いているよう。

デッサウの新美術館イメージ。公園の緑の中に黒い箱が浮いているよう。

デッサウの新美術館、1階ロビーのイメージ。大きな窓を通じて内外がつながる。

デッサウの新美術館、1階ロビーのイメージ。大きな窓を通じて内外がつながる。

2019年に開館予定のヴァイマールの新美術館イメージ。広場に面して磨りガラスでできた大きな箱が建てられる。

Visualisierung: bloomimages GmbH

2019年に開館予定のヴァイマールの新美術館イメージ。広場に面して磨りガラスでできた大きな箱が建てられる。

https://www.bauhaus-dessau.de
Bauhaus Dessau
Gropiusallee 38
06846 Dessau-Roßlau
Germany
Tel. +49-340-6508-250
10時〜17時(設備により異なる)
入場料 8.5ユーロ(すべての建物への入場は15ユーロ)


https://www.bauhaus.de/
Bauhaus-Archiv / Museum für Gestaltung
Klingelhöferstraße 14
D - 10785 Berlin
新美術館建設に伴い、上記の住所ではカフェとショップのみオープン
10時〜17時、火曜休
展示は現在休止中、2018年夏にHardenberg Houseで再開 詳しくはウェブを。
tel. +49-30-254002-0


http://www.bauhausmuseumweimar.de/
Bauhaus Museum Weimar
新美術館建設に伴い、展示はシラー博物館などで行われている 入場料は企画展により異なる 詳しくはウェブを。